日本語版
中国語版
TOP > JP > 美容の豆知識 > お肌の豆知識 > お水をたくさん飲むとお肌に良いの?
お水をたくさん飲むとお肌に良いの?

お水をたくさん飲むとお肌によいのか?

「お肌をキレイにするには水をたくさん飲むとよい」と聞くことがあります。しかし、水をたくさん飲んでもそれだけで身体の毒素が洗い流されるわけではないので、お肌が綺麗になるわけではありません。飲み過ぎると、逆に身体に害になってしまうことも。ここではお肌とお水の関係や正しい水分の摂り方をご紹介します。

水分は無理に摂らなくてもよい

ペットボトルを常に携帯して、水をいつも飲んでいる方をたまに見かけます。1日になるべくたくさん水を飲むことで身体を綺麗にするというお話がありますが、人間の身体は水を飲むだけで綺麗にできるほど単純ではありません。

ではどれくらい水分は取ればよいの?と聞かれますが、水分は「喉が渇いた時」にとればよいのです。身体に水分が足りないときに、脳は身体に水分を摂取するように命令を出します。それが、「喉の渇き」となって現れるのです。

喉が乾いていないのは、身体に十分な水分がある証拠ですので、その時に水を飲んでも不要な水分として尿で体外に排出されてしまい、あまり意味がないのです。

「水分を摂ると汗をたくさん掻くからお肌に良い」というのもちょっと違います。水分をたくさん摂っても尿は増えますが、汗は増えないのです。また汗を掻いても、お肌の毛穴の汚れが洗い流されるわけではありません。汗がでる汗腺と毛穴は違うものだからです。汗を掻いてストレス解消になることはありますが、美容上役立つことは少ないかもしれません。

水分を摂り過ぎると身体に"毒"になることも

でも水はいくら飲んでも害にはならないから良いんじゃないの?というお話も聞きますが、水分の摂り過ぎは身体に毒になる場合もあります。

余分な水分は尿として排泄されますが、排泄量にも限界があるため、排泄しきれない水分は身体の中に溜まってしまいます。結果として、冷え性の人はそれを悪化させることにつながり、身体のむくみも起こりやすくなってしまうのです。

水をたくさん飲んでも、お肌が潤うわけではない

いつもいるオフィスが乾燥していたり、外で日光にさらされているとお肌が乾燥しやすくなります。が、その乾燥を補うためにお水をたくさん飲まなくちゃ!というのは、解決策としてあまり得策ではありません。

というのも、お肌の水分・保湿をコントロールしているのはセラミドであり、セラミドはお水をたくさん飲んだからといってその機能が向上するわけではないからです。

どうしてもお肌の乾燥が気になる方はセラミドの機能を補助してあげるように、美容液や保湿クリームなどをお肌に塗ってあげたほうが効果的です。

もちろん、元々のお肌のセラミドの機能を強くしてあげることも大切です。こちらは、日々の生活習慣(運動など)を改善することやお肌の機能を強くするために食事を改善するなど地道な努力が必要になりますね。