日本語版
中国語版
TOP > JP > 美容の豆知識 > スキンケア対策 連載記事 > 第二回 カカトのガサガサ対策
第二回 カカトのガサガサ対策

サンダルを履くこの季節、あなたのカカトは大丈夫??

夏は海や普段のお出かけにもサンダルを履くことが多くなり、かかとが人目にさらされる機会も多くなります。また、ちょっとした食事会などでも、和風の座敷のお部屋だったりすると、素足をさらすことが多々あります。そんな時に、気にせず過ごせるかどうかは普段のかかとのスキンケアにかかっています。しっかりとしたかかとケアを実施し、今年はガサガサカカトとはおさらばしましょう!!!

どうして起きるの、カカトのガサガサ?

カカトのガサガサは、サンダルやミュールといった足にぴったりフィットしていない靴を履いた時に、摩擦によってお肌が乾燥し、刺激を長時間受けることで、皮膚が真皮層を守ろうとし角質層を滞留させる防御反応の一種です。更に、もともと皮脂線の少ない角質滞留は水分量も少ないため、乾燥して角質が剥がれ落ち、ガサガサになったり、ひび割れたりと、トラブルの原因になります。

カカトのガサガサ対策

まずは、ぴったりした靴を履くなどして摩擦刺激を減らすことが重要です。しかし、これから夏場はサンダルやミュールなんかを履かないなんて無理ですよね。

そこで、ガサガサになる前にしっかり保湿してあげることが重要です。また、ガサガサになった角質にも、それ以上悪化させないためにも潤いを与えてあげることが重要になってきます。

カカトの保湿で有効なケアの方法として、夜寝る前に保湿クリームをたっぷり塗って靴下をはいて寝るというのが有効とされていますが、夏場はさすがに暑くて難しいかもしれません。そういった時には、べたつきの少ない保湿クリームを携帯し、こまめに塗布してあげるという方法が有効になります。

カカトに塗って、歩くたびにベタつくのはいや!!

カラノームスキンクリームは独自製法のバニシングタイプクリームですので、さっと馴染み非常にべたつきが少なく、お出かけ前のカカトに塗布頂いても問題ございません。カサカサし出す前にこまめにカカトに塗布頂くことで、ガサガサ予防になります。