日本語版
中国語版
TOP > JP > 美容の豆知識 > お肌の豆知識 > 皮脂はお肌のうるおいを保つってウソ?ホント?
皮脂はお肌のうるおいを保つってウソ?ホント?

皮脂はお肌のうるおいを保つってウソ?ホント?

結論から言ってしまいますと、皮脂はお肌のうるおいを保つ力はあまりありません。えっ!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お肌の表面を保湿してくれているのは主にセラミドです。じゃあ、皮脂ってお肌にとってどんな意味があるのでしょうか。ここでは皮脂の役割や皮脂にまつわるスキンケアについてお話します。

皮脂はお肌の"ワックス"

皮脂には、保湿効果はあまりないものの、皮膚をなめらかにし、ツヤを保つ役割を持っています。木でできている高級家具は表面がツヤツヤしていると思いますが、それは仕上げにニスやワックスを塗っているからです。例えるなら、皮脂はお肌のワックスの役割をしているんです。

皮脂が足りなすぎるとお肌の表面がザラザラして、見た目にもくすんで見えてしまったりします。しっかり洗顔しているのに、お肌のなめらかさが無い。。という方、もしかしたら皮脂の落としすぎが原因かも。

でも、古い皮脂は毛穴のニキビ、肌荒れの原因に

じゃあ、皮脂はなるべく落とさない方がいいんだ!と思われた方、ちょっと待って下さい。実は、皮脂は古くなると酸化してしまい、お肌にダメージを与える物質に変わってしまいます。

そのまま放置すると、汚れた皮脂で毛穴が詰まってニキビになったり、肌荒れの原因になるため注意が必要です。そのため、古い皮脂はちゃんと落としてあげる必要があります。

毛穴ニキビの原因は毛穴に汚れが詰まることが原因とよく言われていますが、詰まっている汚れとはこの古くなった皮脂なのです。ニキビが多い方は皮脂のケアをしっかりとしてあげると、改善されるかもしれませんよ。

皮脂は"適度に"洗い流しましょう

皮脂が出やすいのは、顔部分だと額、鼻のまわり辺りです。これらは1日2回程度の洗顔で落としてあげましょう。私はオイリー肌だから1日4,5回は洗顔しちゃう!というそこの方。皮脂は落とせば落とすほど、皮脂を分泌する皮脂腺が「皮脂がたりな~い」といって、頑張って皮脂を出してしまうので、余計にオイリー肌になってしまうかも。何事も適度が肝心です。

その他で皮脂が出やすいのは、頭皮や胸のあいだ、その他体毛部分です。こちらは入浴時に軽く石鹸で洗い流してあげましょう。あまりゴシゴシ洗うとお肌を傷つけてしまうので、手に石鹸をとり、優しく洗ってあげれば十分ですよ。