日本語版
中国語版
TOP > JP > 美容の豆知識 > お肌の豆知識 > 皮膚ってなに?表皮・真皮・皮下組織のおはなし
皮膚ってなに?表皮・真皮・皮下組織のおはなし

皮膚って何? 表皮・真皮・皮下組織のおはなし

人間の全身を覆っている「皮膚」。皮膚はただの皮ではなくちゃんと生きていて、人間を外の世界から必死に守っていてくれているのです。単に「お肌」というわけではなく、おおきく分けると表皮・真皮・皮下組織からできていて、スキンケアを正しく行うには、それぞれの性質をしっかりと知らないといけません。

表皮

表皮は、皮膚の外側にある部分で、人間の害となるような物質から身体を守るバリアの機能を持っています。大気中にさらされているので、表皮の一番外側の角質層はどんどんダメージを受けていきますが、表皮は絶えず生まれ変わっている(皮膚のターンオーバー)ので、バリア機能を失うことなく常に身体を守ってくれるのです。

ただし、生活習慣の乱れや間違ったお肌のお手入れによって、皮膚のターンオーバーのサイクルが乱れると、皮膚がなかなか生まれ変わらなかったり、逆に早く生まれ変わりすぎて弱い皮膚になったりして、肌荒れの原因になってしまいます。

睡眠不足やタバコの吸い過ぎは要注意!逆に、スキンケアに躍起になって皮膚をゴシゴシ洗いすぎて表皮を痛めても、ターンオーバーを乱しちゃうのでこれも注意です!

真皮

真皮は、コラーゲン線維とエラスチン線維というタンパク質が複雑に絡まりあってできています。真皮のほとんどはコラーゲン線維できていて、エラスチン線維は真皮の1,2%ほどしかないと言われています。

が、、実は皮膚のハリを保っているのはエラスチン線維なんです。でも、このエラスチン、年齢とともに減っていってしまうんですね。加齢による、シワやたるみはこのことが原因で起こります。

シワやたるみ解消にコラーゲン摂取!!とよく聞きますが、実はこのエラスチンが頑張ってくれているんですよ。コラーゲンやエラスチンを保つには、良質なタンパク質を摂ることが一番です。コラーゲンを直接摂取することはもちろん悪いことではありませんが、お肉やお魚をしっかり食べるのも、真皮にとって大事なんです。

皮下組織

皮下組織のほとんどは、皮下脂肪でできています。皮下脂肪と言うと、女性の敵だ~!運動して燃やしてやる~!というイメージが強い方もいらっしゃるかもしれません。が、皮下脂肪は身体を守るクッションの働きをしてくれているので、全く無いのも考えものです。でも、、やっぱりダブついちゃうと、この皮下脂肪め~って思っちゃいますよね?